Hiyama's Diary

ダンボールおじさんことダンボールクラフト作家檜山永次の日記
<< 今日はダンボールおじさんの近況などを・・・ | main | 漢字の-妙その2- >>
再び漢字の-妙-


少々ご無沙汰をしてしまった。

さて、最近聞いた話で-正-と云う漢字。
広辞苑で引いてみると、正しい事。本当の事。
正気・正味・正体とあり、誰でも知っている。
ところが正の正体は、ーの下に止まると書く。
ーで止まる、原点に戻ると云う意味があるそうです。

なるほどそれで正月か。 納得 納得!

日常でも正の字はお世話になっている。
モノを勘定する時に、正の字を書き整理をしている。


「住職」
お寺のお坊さんの肩書きですネ!
その由来は、住職→十職なんだそうです。
昔(江戸期?)お坊さんは地域を司る役目があり、公民館・寺小屋・大工(建築物の管理、保存や伝承)仏像、仁王(これも管理、保存、伝承)・祭・冠婚葬祭などなど、地域に密着した役目(職)があり、十職(沢山の仕事)が語源と聞きました。
Eiji Hiyama 2009.10.15 Thursday