Hiyama's Diary

ダンボールおじさんことダンボールクラフト作家檜山永次の日記
<< 再び漢字の-妙- | main | 時間の流れ >>
漢字の-妙その2-

日頃ラジオと友達!
ある時、アナウンサーがゲストに「貴方にとって絆とは?」という問いに、
ゲストが、絆の文字を分解すると「糸」と「半」ですね!
「糸が半分」と云うことは、誰かと関わりがあって始めて一本の糸になる。
「人」と言う字も1人では立っておれず支えられている。
「人間」という言葉も、人の間で生きておられる。
当然のことだけど、他の人といい関わり合いがあって、生活があるんですね!

Eiji Hiyama 2009.12.02 Wednesday